体育でムダ毛の話題に!これを機に一気に人の目が気になるように(泣)

私が毛深くて嫌な思いをした時期はちょうど中学校に入ったぐらいのときでした。
きっかけは体育の授業中です。
着替えの時に友人らと話している時に毛の処理の仕方の話題になりました。
その時の私は毛を処理したことがなかったので、周りの子たちが話しているのを静かに聞いていました。
しかし、その時のノリで皆腕やら足やらの見せ合いっこをして、促されて私も見せることになりました。
その場では、私だけがちゃんと処理していなかったので友人たちに驚かれました。
「そんなに生えてないよ、大丈夫」と優しく言ってくれる子もいたのですが、自分の目で見ても濃くて長いのは一目瞭然です。

その日から友人たちがヒソヒソと影で私のことを笑っているように感じることが度々ありました。
ムダ毛を処理していないなんてださいと馬鹿にされているような感じでした。
気にしていないふりはしていたのですが、やはり幼いながらに辛かったことを思い出します。
ムダ毛を意識するようになってからは毎日処理するように心掛け、時間の経過と共に友人たちともまた笑って話が出来るようになりました。
中学生の頃は人間関係に悩むことが多く、この一件があってから更に人の目を気にするようになってしまいました。

   

 - 未分類