小学5年から始めた毛の自己処理!脱毛サロン5年でもダメなほどです。

毛深くて、小学5年生の時からムダ毛の処理を始めました。
プールの授業の時間に、ムダ毛が目立つことが嫌で、カミソリで剃っていました。ただ、私の毛は太くて毛足が長かったため、すぐにカミソリに毛が絡まって、よくカミソリが使い物にならなくなりました。

そのうち、プールの授業がなくても1日おきぐらいに剃るようになり、お風呂にかかる時間が長くなってしまいました。ワキ、腕、指、ひざ下だけでも、かなり時間がかかります。一度、時間がなくて焦って剃ったら、カミソリが滑って肌を切ってしまったことがありました。なのでゆっくり剃るため、時間がかかるのです。

大人になって困ったことは、彼氏に毛深さを指摘されることです。背中や腰など、自分で剃れない部分はどうしても生えっぱなしです。そのため、毎回「毛深いね。抜いてあげようか?」と言われて恥ずかしい思いをしていました。
その後、ついに脱毛を決意しました。まずはVラインから脱毛しようと頼んだのですが、あまりにも全身の毛が多すぎて、どこからどこまでをVラインとして施術すればいいか、脱毛サロンのお姉さんが悩んでいました。その結果、Vライン、お腹、太ももまでも同時に施術することになりました。そのうち他の部位も気になってきて、結局は全身脱毛になりました。最初に脱毛サロンに行った日から、既に5年は経過していますが、まだまだ完全にツルツルにはなっていません。お金がたくさんかかって大変です。

   

 - 未分類