彼氏に背中のムダ毛を指摘されたほどの私の毛の濃さ

当時はまだ脱毛サロンも今より普及していないころ。
付き合っていた彼氏にムダ毛のことを指摘され、恥ずかしく悲しい思いをしました。

当時は今より脱毛サロンは手軽なものではなく、店舗数も少なかったため、カミソリや毛抜きでムダ毛の自己処理を頑張っていました。
しかし、いくら念入りにムダ毛の自己処理をしたとしても、手の届く範囲まで。
当然、背中を自分で処理することは難しく困難でした。
自分でも背中をまじまじと見ることがなかったため、背中のムダ毛をお手入れするという考え自体なかったのかもしれません。

そんななか、当時付き合っていた年上の彼氏と初めての夜を過ごすことに。
そこで初めて、「背中のムダ毛を処理したほうがいい」と指摘され、恥ずかしくショックな思いをしました。
自分の背中がこんなに毛深いなんて思いもせず、ましてやそれを初めての年上の彼氏にいいムードのなか指摘されてしまうなんて…。
そこから背中のムダ毛も気にするようになりましたが、どう頑張っても体の硬い私では、自分で処理をすることができませんでした。

そこで友人たちに悩みを相談。
自分だけそんな恥ずかしい指摘をされたと思っていたら、意外と彼に背中のムダ毛を指摘されたことのある友人が多いと判明しました。

   

 - 未分類